本文へスキップ

Nakayama is between Narita And Haneda International Airport

中山・下総・散歩道

English Page

江戸川|江戸と東北・北関東を結ぶ大動脈の歴史と文化の散歩道

江戸川の流れ里見公園のバラ園
江戸川河川敷小岩菖蒲園善養寺の影向の松
江戸川は東京都・埼玉県と千葉県の間を流れ東京湾に流れ込む利根川の支流です。埼玉県幸手市や千葉県関宿町付近で利根川と別れ、千葉県浦安市と江戸川区を過ぎて東京湾に流れ込みます。江戸時代には多くの物資や人を積んだ船が当時新利根と呼ばれていた江戸川を行き来し、沿岸地域は大いに栄えました。その名残として、当時の繁栄を伝えている言葉が浦安市の北に隣接する市川市行徳地区に残っています。「戸数千軒、寺百軒」です。人々が豊かだったから多くの寺院が建てられたのでしょう。江戸川沿岸には、小岩不動として親しまれている善養寺や柴又の帝釈天などの有名な寺院の他に、今も多くの寺社が残っています。
また、現在の江戸川河川敷両岸は整備され、たくさんの運動用のグランド整備され、江戸川区の篠崎付近には小学生までなら乗馬もできるポニーランドもあります。桜並木・菖蒲園なども土手や河川敷に整備され、季節の花々も楽しめます。時代が変わっても、釣りを楽しむ人もたくさんいます。特に河口付近ではハゼ釣りが有名です。夏には花火大会も開かれます。江戸川納涼花火大会で知られる市川市・江戸川区共催の花火大会はこの広い河川敷に100万ともいわれるほど多くの人が見物に訪れます。
江戸川沿岸は歴史と文化、そして自然が楽しめる充実の散歩道です。

江戸川沿岸の名所 ご案内

江戸川の流れ

江戸川|葛飾を貫く経済の大動脈

葛飾と呼ばれた地区を貫く大河川。江戸の経済の大動脈。歴史と文化、自然豊かな散歩道。
小岩菖蒲園

小岩菖蒲園(江戸川の風景)

江戸川河川敷に広がる菖蒲園。満開の時期にはたくさんの人々が訪れる江戸川の名所。

花見の名所里見公園

里見公園周辺の散歩道

桜とバラ、紅葉の名所里見公園を中心に北原白秋の旧家他、国府台・真間の名所のご案内。
善養寺の影向の松

星住山地蔵院善養寺

小岩不動として古くから親しまれている古刹。国指定天然記念物影向の松は壮観。

矢切の渡しの石碑

矢切の渡し

葛飾柴又と松戸市矢切を結ぶ現在も運行している渡し舟。
市川の関所跡

市川関所跡

伊藤佐千夫の「野菊の墓」や高浜虚子の「中山寺」に描かれています。

小岩市川の渡し場の常燈明

愛宕山地蔵院寶林寺と常燈明

小岩市川の関所と渡し場に建てられていた常燈明の残る寺院。
国指定天然記念物影向の松

晴立山本蔵寺

代々関所役人を務めていた中根氏の館跡に建つと伝えられる寺院。

行徳街道に架かる行徳橋

行徳街道

徳川家康、松尾芭蕉、十返舎一九ほかたくさんの人が通った道。
篠崎ポニーランド

江戸川区篠崎ポニーランド

江戸川河川敷に馬が見れる場所。非日常を楽しめる場所です。

行徳常夜灯公園

行徳常夜灯公園(行徳新河岸跡)

行徳新河岸に建つ常夜灯。江戸時代、ここから房総半島や北関東への旅が始まります。
今井の渡し跡

今井の渡し旧跡 行徳

江戸の東の入口今井の渡し場跡。徳川家康はこの付近から行徳に上陸し鷹狩に向かったそうです。

江戸川区の今井の渡し跡

今井の渡し跡 江戸川区

柴屋軒宗長の紀行文「東路の津登」にも登場する今井の津。江戸川の歴史を今に伝えています。
瀧亀山清泰院浄興寺

瀧亀山清泰院浄興寺

室町時代の連歌師宗長と戦国武将北条氏康の句の残る江戸川と今井の渡しの歴史を伝える古刹。

古川親水公園の八重桜

古川親水公園

日本最初の親水公園。桜とあじさいの美しい公園。公園沿いの寺院 が古川の歴史を今に伝えています。
新川と火の見櫓と桜

新川(船堀川)の散歩道

江戸の水運の大動脈だった新川。今では、桜並木の美しい江戸情緒たっぷりの散歩道。