本文へスキップ

Nakayama is between Narita And Haneda International Airport

中山・下総・散歩道

English Page

小岩・市川関所跡|江戸と房総半島を結ぶ渡し場の跡

市川関所跡江戸川の風景
市川の関所は江戸川がは太日川と呼ばれたころから下総国国府に近い国府台の地にあったそうです。室町時代の連歌師柴屋軒宗長の書いた紀行文「東路のつと」に、帰路小岩市川の渡しを渡り善養寺に向かう様子が描かれています。江戸時代には矢切の渡し今井の渡しと同様に、幕府により管理されていました。明治の末頃の風景を描いた、高浜虚子の「中山寺」や伊藤佐千夫の小説「野菊の墓」の中には、市川の渡し場として登場しています。「中山寺」では、若い高濱虚子が本郷の自宅まで徒歩で帰る途中に市川の渡し場で船に乗る風景が描かれ、「野菊の墓」には主人公の政夫が矢切の渡しから舟で市川の実家に帰る光景が描かれています。1000年以上にわたってたくさんの人々を行きかった市川の関所跡は、江戸川の歴史を伝える素敵な散歩道です。

市川関所跡

江戸時代以前の江戸川は太日川と呼ばれていた。奈良・平安時代の関所跡周辺には、井上馬屋(いかみのうまや)がおかれ、都と下総国を往来する公の使が太日川の渡し船と馬の乗りかえをおこなった。また、室町時代には、市川を旅した連歌師の宗長が、その時の紀行文、「東路の都登」のなかで、市川に渡しがあったことを記しており、古くからここに人々が集い、川を渡っていたことがわかる。
やがて、江戸に幕府が置かれると、江戸を守るなどのため、関東の主な川に、船の渡し場で旅人を調べる「定船場」が設けられた。古くから渡があり市場でにぎわっていた市川が選ばれ、これが後に関所となった。
時を経て、江戸時代の中頃には、川のほか山や海を合わせ、全国各地にたくさんの関所が設けれれていた。これらの関所には取り締まりが厳しい関所と比較的ゆるやかな関所があり、市川の関所では江戸へ入る武器と江戸から出てゆく女性が、特に厳しく取り締まられた。
「市川関所」と呼ばれることもあったが、多くの場合は「小岩・市川関所」と記され対岸の二村が一対で一つの関所として定められていた。そして、分担して関所にまつわる役割を果たしていた。幕府の役人が旅人を調べた建物は小岩側にあったので、市川村は緊急事態の時に駆けつけて助ける役割を担い、名主の能勢家が取り調べをする役人を補佐した。また、江戸時代を通じて、江戸川には橋が架けられなかったので、関所を通り、水戸・佐倉道を往来する人々のために、市川村では2〜3艘の船を用意し、川場に番小屋を建て、20人前後の船頭や人夫を雇っていた。そのため「御関所附渡船之村方」とも呼ばれた。
慶応から明治へと時代が変わった時、旧幕府軍と新政府軍の激しい戦いの舞台となり、明治2年(1869)に関所廃止令が出されて、その使命を終えてもなお、明治38年(1905)に江戸川橋が架けられるまで、渡船の運行は続けられた。しかし、度重なる江戸川の護岸工事で、関所の建物や渡船場の正確な位置は、今日不明となっている。

平成16年7月 市川市


市川関所跡案内板より


引用・抜粋および参考
引用・抜粋および参考
市川関所跡案内板
市川市ホームページ
江戸川区ホームページ
「野菊の墓」 新潮文庫
定本高浜虚子全集第8巻写生文集1「中山寺」 毎日新聞社
江戸川ライン歴史散歩 崙書房

小岩・市川関所跡の散歩道

小岩市川の渡し場の常燈明

愛宕山地蔵院寶林寺と常燈明

小岩市川の関所と渡し場に建てられていた常燈明の残る寺院。
国指定天然記念物影向の松

晴立山本蔵寺

代々関所役人を務めていた中根氏の館跡に建つと伝えられる寺院。

市川関所跡へのアクセスマップ

  • 京成本線「国府台駅」徒歩5分
  • JR総武線「市川駅」より徒歩15分
市川関所跡
千葉県市川市市川3-24付近の江戸川土手上

江戸川沿岸の名所 ご案内

江戸川の流れ

江戸川|葛飾を貫く経済の大動脈

葛飾と呼ばれた地区を貫く大河川。江戸の経済の大動脈。歴史と文化、自然豊かな散歩道。
小岩菖蒲園

小岩菖蒲園(江戸川の風景)

江戸川河川敷に広がる菖蒲園や河津桜の並木もあり、満開の時期にはたくさんの人々が楽しみます。

花見の名所里見公園

里見公園周辺の散歩道

桜とバラ、紅葉の名所里見公園を中心に北原白秋の旧家他、国府台・真間の名所のご案内。
善養寺の影向の松

星住山地蔵院善養寺

小岩不動として古くから親しまれている古刹。国指定天然記念物影向の松は壮観。

矢切の渡しの石碑

矢切の渡し

葛飾柴又と松戸市矢切を結ぶ現在も運行している渡し舟。
市川の関所跡

小岩・市川関所跡

伊藤佐千夫の「野菊の墓」や高浜虚子の「中山寺」に描かれています。

小岩市川の渡し場の常燈明

愛宕山地蔵院寶林寺と常燈明

小岩市川の関所と渡し場に建てられていた常燈明の残る寺院。
国指定天然記念物影向の松

晴立山本蔵寺

代々関所役人を務めていた中根氏の館跡に建つと伝えられる寺院。

行徳街道に架かる行徳橋

行徳街道

徳川家康、松尾芭蕉、十返舎一九ほかたくさんの人が通った道。
篠崎ポニーランド

江戸川区篠崎ポニーランド

江戸川河川敷に馬が見れる場所。非日常を楽しめる場所です。

行徳常夜灯公園

行徳常夜灯公園(行徳新河岸跡)

行徳新河岸に建つ常夜灯。江戸時代、ここから房総半島や北関東への旅が始まります。
今井の渡し跡

今井の渡し旧跡 行徳

江戸の東の入口今井の渡し場跡。徳川家康はこの付近から行徳に上陸し鷹狩に向かったそうです。

江戸川区の今井の渡し跡

今井の渡し跡 江戸川区

柴屋軒宗長の紀行文「東路の津登」にも登場する今井の津。江戸川の歴史を今に伝えています。
瀧亀山清泰院浄興寺

瀧亀山清泰院浄興寺

室町時代の連歌師宗長と戦国武将北条氏康の句の残る江戸川と今井の渡しの歴史を伝える古刹。

古川親水公園の八重桜

古川親水公園

日本最初の親水公園。桜とあじさいの美しい公園。公園沿いの寺院 が古川の歴史を今に伝えています。
新川と火の見櫓と桜

新川(船堀川)の散歩道

江戸の水運の大動脈だった新川。今では、桜並木の美しい江戸情緒たっぷりの散歩道。

horinji-koiwa.htmlへのリンク