本文へスキップ

Nakayama is between Narita And Haneda International Airport

中山・下総・散歩道

新川(船堀川)は江戸と房総・北関東・東北を結ぶ水運の大動脈

新川千本桜新川の火の見櫓 新川大橋からの新川千本桜新川さくら館 新川橋上の灯籠新川の公衆トイレ
新川は、荒川・中川と江戸川を結ぶ運河でした。昔は船堀川と呼ばれていたそうです。徳川家康は江戸に入るとすぐに 小名木川を開削し、新川を経て当時太日川と呼ばれた江戸川につなぎ、行徳(千葉県市川市)の塩を江戸に運ぶ航路を整備したそうです。後にこの運河は東北・北関東・房総から江戸へ多くの物資を運ぶ流通の大動脈となったそうです。また、一日に60艘もの行徳船と呼ばれた客船も就航していたそうです。当時の繁栄を物語るように、新川沿岸の船堀・一之江・葛西地区には多くの寺院が残っています。 また、江戸時代後期から大正にかけて、新川の南側では「新川梨」という梨が栽培されていました。新川東詰の新川口児童公園には「新川梨について」と書かれた案内板があり、江戸川を少し北に遡った浄興寺に「新川梨の碑」が残されています。新川は、桜並木と江戸情緒を表す木造の建物や橋のある素敵な散歩道です。

新川 江戸川区指定史跡

新川 江戸川区指定史跡(昭和61年2月12日指定)

かつて、江戸川から古川の流れを経て、三角で新川に入り、西へ至る流路がありました。
天正18年(1590年)の徳川家康江戸入城後、その命により、この流路を含め、行徳までの航路として、道三堀、小名木川と共に開削が計画され、実行されました。
寛永6年(1629年)には、現在の新川橋辺りから東側が新たに開削され、今では全体が新川と呼ばれるようになりました。以来、新川は、江戸市中に様々な物資を運ぶ水路、行徳の塩を運ぶ「塩の道」として多くの人に利用されてきました。また、沿川には味噌や醤油を売る店や料理店などが立ち並び賑わいを見せていました。
新川は、江戸時代から明治・大正に至るまで、利根川・江戸川を経由して、東日本からの様々な物資を運び、客船が行きかう重要な水路として発展し、地域の人々の生活に深く関わってきました。
しかし、昭和に入り荒川放水路の完成や東西の水門の閉鎖等により、船の就航も行われなくなりました。
さらに、高度経済成長期には、地下水の汲み上げによる地盤沈下により、新川との間に何回も嵩上げされた高い護岸が整備され、人々の生活から遠い存在となってしまいました。
その後、平成5年より耐震護岸整備・親水河川化や新川千本桜整備が進められ、都市空間の中の貴重な水辺として生まれ変わり、親しまれています。

新川沿岸案内板


引用、抜粋並びに参考
新川沿岸案内板
新川口児童公園「新川梨について」案内板
江戸川区ホームページ
市川市ホームページ

新川沿岸の散歩道

新川沿いの桜並木新川千本桜

新川千本桜

西詰中川・荒川放水路の土手から江戸川まで3キロメートル以上の長い桜並木です。
新川にある火の見櫓

新川西水門広場

江戸情緒ある火の見櫓と水門跡のある広場。中川土手からは富士山も見える、桜も美しい広場。

新川沿岸の散歩道へのアクセスマップ

新川(船堀川)

  • 都営新宿線「船堀駅」より徒歩5分
  • 東京メトロ東西線「葛西駅」・「西葛西駅」より徒歩12分

船堀・一之江・葛西周辺の名所 ご案内

タワーホール船堀展望施設

タワーホール船堀展望施設

東京の美しい夜景を楽しめる素敵な展望施設。富士山と東京タワーが並んで見えるのが特徴。
火の見櫓と新川

新川(船堀川)の散歩道

江戸の水運の大動脈だった新川。今では、桜並木の美しい江戸情緒たっぷりの散歩道。

新川千本桜

新川千本桜

およそ3キロメートルの川筋の両岸に植えられたたくさんの桜の木々。春夏秋冬いつでも美しい散歩道。
新川の火の見櫓と桜

新川西水門広場

新川西詰の火の見櫓と水門跡がシンボルの素敵な広場。中川土手から眺める広場は江戸情緒たっぷりです。

古川親水公園

古川親水公園

日本最初の親水公園。桜とあじさいの美しい公園。公園沿いの寺院 が古川の歴史を今に伝えています。
本覚山妙勝寺

本覚山妙勝寺

妙勝寺は、一年中季節の花々で美しく彩られた、江戸名所図会にも紹介されている由緒ある古刹。

二之江神社

二之江神社

ケヤキの巨木と背の高い松の林立する美しい神社。
古川沿いにある蓮華寺

海照山普門院蓮華寺

御本尊聖観世音菩薩は行基菩薩作と伝えられている由緒ある古刹。

熊野神社

熊野神社

名水「おくまんだし」の地に建つ、松尾芭蕉の句碑のある神社。
今井の渡し跡

今井の渡し跡

連歌師柴屋軒宗長の東路の津登にも登場する歴史ある渡し場の跡。

一之江境川親水公園

一之江境川親水公園

春は桜、秋は紅葉、そして夏も冬も一年中楽しめる素敵な公園です。
医王山妙音寺

医王山妙音寺

眼病快癒の説話「片目の鮒」を今に伝える江戸川区屈指の古刹。

一之江抹香亭

一之江抹香亭

春は枝垂桜、秋は紅葉の楽しめる、美しい庭園のある公園。
一之江名主屋敷

一之江名主屋敷

里山のように緑豊かな庭園と茅葺屋根のある東京都指定の史跡。

江戸川区春江の城立寺

本山城立寺

一之江の開拓に尽力した田島図書が建立した地域の歴史を伝える名刹。
役者寺こと大雲寺

長行山専称院大雲寺

多くの歌舞伎役者のお墓があることで「役者寺」とも呼ばれる名刹。

江戸川の流れ

江戸川と川辺の散歩道

東京と千葉の境を流れる江戸川。河川敷は流域にすむ人々の散歩道。江戸時代は水運の大動脈でした。