本文へスキップ

Nakayama is between Narita And Haneda International Airport

中山・下総・散歩道

江戸情緒ある火の見櫓と水門跡のある新川西水門広場

新川西水門広場の火の見櫓新川西水門広場の水門跡 新川西水門広場の石垣火の見櫓と橋 新川西水門広場のお手洗い秋の新川千本桜
新川をゆっくりと西へ進むと、中川の土手を背景に江戸情緒ある白壁や建物が目に入ります。ここ新川西水門広場は江戸情緒ある風景を楽しめる広場です。高さ15.5メートルの火の見櫓とその周りの高く立派な石垣。火の見櫓というより戦国時代の城郭の石垣のようです。火の見櫓に登ることもでき、新川と沿岸の街並みを展望することもできます。特に春桜の季節、満開の新川千本桜の眺めは贅沢なほど美しいです。また、手洗いも白壁と河原の美しい和風建築で、中も木で作られています。
そして中川土手際に目を転ずると、蔦に包まれたコンクリートの塊、新川西水門跡が目の前に立ち上がります。この水門跡は、近未来を描いた映画などに登場する近代文明の遺跡のような趣があります。青空を背景に見る水門跡は特に美しいです。
広場の西側には中川土手に登ると、晴れた日には富士山も見えます。土手の上からの火の見櫓や水門址の眺めは爽快です。桜の季節は圧巻です。暖かい季節には、土手の石段にゆっくり腰をおろして時間を過ごすのに最適な場所です。
新川西水門広場は江戸情緒を楽しめる風光明媚な散歩道です。

桜と火の見櫓と水門のある春の新川西水門広場

桜と中川・荒川放水路桜と水門 石垣と桜新川千本桜と火の見櫓 桜に覆われた火の見櫓桜色の火の見櫓 桜いろどる火の見櫓桜から顔を出す火の見櫓 晴れの日の新川千本桜新川千本桜の眺め 西水門橋からの火の見櫓桜と西水門橋と火の見櫓

桜彩る新川の火の見櫓

桜の季節の新川西水門広場は特に美しい。中川土手からは新川千本桜を背景にした火の見櫓と水門址の眺めは圧巻です。もちろん火の見櫓から眺める新川千本桜も爽快です。新川西水門広場は、いつもと違う角度から桜並木を眺めることができる素敵な広場です。


引用、抜粋並びに参考
新川沿岸案内板
江戸川区ホームページ

新川沿岸の散歩道

新川千本桜と火の見櫓

新川(船堀川)の散歩道

江戸の水運の大動脈だった新川。今では、桜並木の美しい江戸情緒たっぷりの散歩道。
新川沿いの桜並木新川千本桜

新川千本桜

新川西詰中川・荒川放水路の土手や新川西水門広場の火の見櫓からの眺めは壮観です。

新川西水門広場へのアクセスマップ

新川西水門広場(新川西詰)

  • 都営新宿線「船堀駅」より徒歩12分

船堀・一之江・葛西周辺の名所 ご案内

タワーホール船堀展望施設

タワーホール船堀展望施設

東京の美しい夜景を楽しめる素敵な展望施設。富士山と東京タワーが並んで見えるのが特徴。
火の見櫓と新川

新川(船堀川)の散歩道

江戸の水運の大動脈だった新川。今では、桜並木の美しい江戸情緒たっぷりの散歩道。

新川千本桜

新川千本桜

およそ3キロメートルの川筋の両岸に植えられた桜の木々。春夏秋冬いつでも美しい散歩道。
新川の火の見櫓と桜

新川西水門広場

新川西詰の火の見櫓と水門跡がシンボルの素敵な広場。中川土手から眺める広場は江戸情緒たっぷりです。

古川親水公園

古川親水公園

日本最初の親水公園。桜とあじさいの美しい公園。公園沿いの寺院 が古川の歴史を今に伝えています。
本覚山妙勝寺

本覚山妙勝寺

妙勝寺は、一年中季節の花々で美しく彩られた、江戸名所図会にも紹介されている由緒ある古刹。

二之江神社

二之江神社

ケヤキの巨木と背の高い松の林立する美しい神社。
古川沿いにある蓮華寺

海照山普門院蓮華寺

御本尊聖観世音菩薩は行基菩薩作と伝えられている由緒ある古刹。

熊野神社

熊野神社

名水「おくまんだし」の地に建つ、松尾芭蕉の句碑のある神社。
今井の渡し跡

今井の渡し跡

連歌師柴屋軒宗長の東路の津登にも登場する歴史ある渡し場の跡。

一之江境川親水公園

一之江境川親水公園

春は桜、秋は紅葉、そして夏も冬も一年中楽しめる素敵な公園です。
医王山妙音寺

医王山妙音寺

眼病快癒の説話「片目の鮒」を今に伝える江戸川区屈指の古刹。

一之江抹香亭

一之江抹香亭

春は枝垂桜、秋は紅葉の楽しめる、美しい庭園のある公園。
一之江名主屋敷

一之江名主屋敷

里山のように緑豊かな庭園と茅葺屋根のある東京都指定の史跡。

江戸川区春江の城立寺

本山城立寺

一之江の開拓に尽力した田島図書が建立した地域の歴史を伝える名刹。
役者寺こと大雲寺

長行山専称院大雲寺

多くの歌舞伎役者のお墓があることで「役者寺」とも呼ばれる名刹。

江戸川の流れ

江戸川と川辺の散歩道

東京と千葉の境を流れる江戸川。河川敷は流域にすむ人々の散歩道。江戸時代は水運の大動脈でした。